季節と気温の見極め

最近、とても暖かくなってきた。

こんな時は服装選びがとっても悩みどころです。
ここ数日の陽気は流石に季節外れの様で、例年通りの装いで出かけたはいいが、外出先で暑い思いをした、というニュースを見る。

私はその点抜かりはない。
その日の天気や最高気温チェックし、予想が多少外れても対応できる格好で、いざおでかけ(スーパーにお買い物)。
車の中は少し暑いくらいで、当然上着は助手席行き。

スーパーについたところで、一旦車から出て体感気温を確認します。

うん。引用>>https://xn--cckvb8bva5d3fqcx608aw9va.xyz

車の中ほどではないけれど、十分に暖かく上着は要らないと判断し、店内へ。
店内は陽がない分少しヒヤッとするが、許容範囲内です。
そのまま食料品のコーナーへ直行したのですが、ここで自分の甘さを思い知ることになります。

お魚やお肉などの生鮮食料品。

冷蔵・冷凍食品が並んでおり、それらの食料品は常時冷やす必要がある。

冷蔵庫や冷凍庫に密閉されている訳ではなく、冷気は通路にまで来ます。

ヒンヤリ度が許容範囲内を下回り、はっきり言って寒い!
上着を取りに行きたいが、カゴにはいくつか品物が入っており、清算しなければ店外には行けません。

「寒い~」と口の中でつぶやきながら、買い物を続けました。

結論、状況の変化を見極めよう。